【5】 「自分自身の価値観を、あらためて問い直してみる」こと。


 ここまで紹介してきた【1】〜【4】の取り組みだけでも、かなり勇気が求められます
 自分が普段行っていた行動を見つめなおしたり、自分の考えを人に伝えるということは
 とても勇気がいることです。

 しかし、勇気を出して何かに取り組むことで、感情や思考は活性化します。

 心の奥でフツフツと湧き上がる感情や想いが、少しずつ現れてくるかも知れません。


 もしもそのような状態になっているのであれば、ぜひその心の中から湧き上がる「想い」に
 勇気を出して耳をかたむけてみてください。
 そして、これまでと同様、感じたこと、考えたことをノートなどに書き残してみてください。


 もしかすると、今までの価値観が否定されるような恐怖を感じたり、思わず耳をふさぎたくなる
 ような問いの言葉が現れるかも知れません。
 しかし、それをぜひ勇気をもって書き出しみて欲しいのです。

 書き出してみたことを実行するかどうかは後の話。

 まずは感じたこと、考えたこと、問い直してみる必要がありそうなことを書きとめてみること、
 それが価値観に変化が生じるきっかけとなっていきます。
<「知っていただきたいこと」トップへ>
「私たち1人1人が、その担い手」D
<心の声に耳を傾けるための問いかけ>
 ・私にとって必需品とは何だろう?

 ・「消費する」こと、「品物を購入すること」で満たされるのはどんな思いなのだろう?

 ・私が後ろめたいと思っているのは、どんなことだろう?

 ・私が見てみぬふりをしているのは、どんな行為をしている時だろう?

 ・消費することで目先の快楽を追い求めだしたのは、いつからだろうか?

 ・情報の輪を広げるために、私には何ができるだろう?

 ・私は未来の子供たちに、何を残すことができるだろう?

 ・私にとって本当の幸せとは何なのだろう?
<「地球の未来を考える」トップへ>
<「知っていただきたいこと」トップへ>