「タイムラグ(時間的な遅れ)」について
<「地球の未来を考える」トップへ>
<「知っていただきたいこと」トップへ>
私たちが地球環境の危機に対し、何らかの取り組みを行ったとします。
例えば植林かもしれません、例えばCO2排出の抑制かも知れません。

それはとても素晴らしい取り組みなのですが、
大切なことは、それらの取り組みを行っても、その効果がでるまでには「タイムラグ(時間的な遅れ)」が生じてしまうということです


汚れた水が、きれいに浄化されるには時間がかかります。
植えられた苗木が大きな樹木に育っていくには時間がかかります。
大気中のCO2が、樹木や海水に吸収されるには時間がかかります。

CO2の排出を今すぐゼロにしたとしても、地球温暖化の進行はすぐには止まりません
それは過去に排出したCO2が適切な量に(温暖化の進行がおさまる程度にまで)減っていくまでに
「タイムラグ」があるからです


ちなみに、私たちが現在排出しているCO2は、10年以上も未来の気温にも影響を与えるのだそうです。

<「知っていただきたいこと」トップへ>