<1> <2> <3> <4>
経営・ビジネス
『お金の科学』
ジェームス・スキナー著・フォレスト出版
「7つの習慣」を日本に紹介した、ジェームス・スキナーさんの著書です。
「お金」に焦点をあてた、スキナー氏の成功哲学が満載の一冊です。
年収300万円から、大富豪となったスキナー氏。単なる理想論やあるべき論ではなく、実践から導き出された知恵から、多くの気づきを得ました。起業家には必読かも。
★★★★★      <本の詳細を確認する>
『坂の上の坂 55歳までやっておきたい55のこと』
藤原和博著・ポプラ社
リクルートに勤務後、初の民間校長先生となった藤原さん。藤原さんの実体験に基づいた、人生後半の生き方指南書です。
会社に依存しすぎるリスク、「いい子」でいることのリスク、奥さんとの向き合い方など、痛快なメッセージが満載!40代のサラリーマンにぜひ読んでいただきたい一冊です。
★★★★       <本の詳細を確認する>
『フリーで働く!と決めたら読む本』
中山マコト著・日本経済新聞出版
独立起業の目的は、「自由」を手に入れるため。しかし、多くのフリーランスが、仕事やクライアントに振り回され、締め切り、資金繰りに追われて自由を失っています。本書は、そうならないための方法、成功までの最短距離を示すものです。独立起業を目指す方にとって、参考になる情報満載です!
★★★       <本の詳細を確認する>
『ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方』
伊藤洋志著・東京書籍
「ナリワイ」とは、個人レベルではじめられて、自分の時間と健康をマネーと交換するのではなく、やればやるほど頭と体が鍛えられ、技が身につく仕事のこと。
自分の仕事と稼ぎをどう作っていくのかを考えている時に読み、たいへん感銘を受けた1冊です!新たなビジネスプランも生まれました。ちなみにこの本を僕に紹介してくれたのは、greenz.jpの兼松さんでした。感謝!
★★★★     <本の詳細を確認する>
『「心の時代」にモノを売る方法』
小坂裕司著・角川ONEテーマ21
変わりゆく消費者の欲求に焦点を当て、これから提案していくべき「価値」とは何かを整理し、ビジネスを作っていくヒントを紹介しています。いろいろなビジネスヒントがもらえる1冊です。
★★★        <本の詳細を確認する>
<1> <2> <3> <4>
<一覧へ戻る>


<一覧へ戻る>