生き方の知恵
<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8>
<一覧へ戻る>
『3つの真実』
野口嘉則著・ビジネス社
成功への挫折を感じた主人公が、本当の幸せとは何か?人生の法則とは何かに気づく物語。
このような学びの物語を書ける日本人がいることに、少し嬉しさを感じました。
読みやすい文体で、1.5〜2時間ほどで一気に読めます。
副題は、「人生を変える 愛と幸せと豊かさの秘密」です。
★★★★       <本の詳細を確認する>
『幸せの絆』
木村藤子著・主婦と生活社
心に染み入る厳しくも温かなメッセージの数々。若い女性の方にお勧めできる1冊です。
カルマを変えるには、「心を磨くこと」「気づくこと」が大切だと木村さんはおっしゃいます。それが幸せの道なのだと。
★★★        <本の詳細を確認する>
『人生を豊かにする法則』
フローレンス・スコヴェル・シン著・PHP研究所
イエスの教えをベースに、人生を豊かにしていくための考え方(法則)を紹介しています。
キリスト教臭さがあまりなく、日本人でも違和感なく読めると思います。
著者は1871年生まれ。最初は自費出版だったそうですが、現在では驚異的なロングセラーとなっているようです。原題は「The Game of Life and How to Play It」です。
★★★★      <本の詳細を確認する>
『内在神への道』
伊勢白山道著・ナチュラルスピリット
書店でただならぬ気配を感じ、手に取った1冊。スピリチュアルブログ第一位の「伊勢 白山道」を編集した書籍とのこと。ブログがベースだけあって読みやすく、内容も魅力的。
霊能者である著者が、自身の霊観内容をベースに語る生き方指南の書です。「生かして頂いて ありがとうございます」、その感謝の気持ちが世の中を変えるのだとの主張に強く共感します。
★★★★      <本の詳細を確認する>
『幸福を生きる』
葉祥明著・ビジネス社
幸せとは何か?自分らしく生きるとはどんな生き方なのか? 絵本作家であり詩人でもある葉祥明さんから送られる、心温まる40編のメッセージ。
少し疲れたとき、元気になれる1冊です。
★★★★      <本の詳細を確認する>
『四つの約束』
ドン・ミゲル・ルイス著・コスモスライブラリー
久しぶりの★5つ。興奮しながら読破しました。
自由を得るための「4つの約束」、そしてメキシコの賢者:トルティックが示す自由への道。
束縛の中で生きる自分に決別し、本来の自分として自由に生きることへの決意と勇気が沸き起こります。生き苦しさを感じたとき、再び手にとってみたいと思います。
★★★★★     <本の詳細を確認する>
『BE HERE NOW(ビー・ヒア・ナウ) 〜心の扉を開く本〜』
ラム・ダス+ラマ・ファウンデーション著 ・マインドブックス
超有名な古典。インドの賢者に学び、覚者となった著者が記す覚醒の実践手引書。
理屈はどうでもいい、とにかく「いま、ここ」を感じよ(BE HERE NOW!)。
心の旅(トリップ)に導いてくれる本です。
★★★★      <本の詳細を確認する>
『自分らしく生きる』
中野孝次著・講談社現代文庫
自分らしく生きるための著者なりの考え方を、ストレートに示しています。
25年前に書かれた本ですが、色あせることなく、むしろ混迷の社会に生きる私たちへのメッセージであるかのように受け取ることができます。口語調でたいへん読みやすいのも良いです。
★★★★      <本の詳細を確認する>
『夢をかなえるゾウ』
水野敬也著・飛鳥新社
なりたい自分になるための考え方を、面白ろおかしく学べる書。
主人公に教えを施す存在を、関西弁のユーモラスな象の神様(ガネーシャ)にしたことが良かった。この書を通して一番学んだのは、きっと著者だろう。
★★★       <本の詳細を確認する>
『人生生涯 小僧のこころ』
塩沼亮潤著・致知出版社
著者は、奈良県吉野山・金峯山寺で「大峯千日回峰行(往復48kmの登山・下山を連日行い、それを千日慣行する荒行)」を満行した大阿闍梨(あじゃり)。壮絶です。
その著者が感得した「人の生き方」「世のあり方」が示されています。学び多き1冊です。
★★★★★     <本の詳細を確認する>
<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8>
<一覧へ戻る>