熊野大社(くまのたいしゃ)

出雲国一之宮、旧国幣大社
御祭神は、「伊邪那伎日真名子 加夫呂伎熊野大神 櫛御気野命 
(いざなぎのひまなこ かぶろぎくまのおおかみ くしみけぬのみこと)」です。
※素戔嗚尊(すさのおのみこと)の別神名とされています。(出雲国造神賀詞にある神名)
※「伊邪那岐が可愛がられる御子で、神聖なる祖神であり、熊野に坐します尊い神である櫛御気野命」の意味。

創建は神代と伝えられ、詳細は不明。
「出雲国風土記」(西暦733年)には「熊野大社」と記され、「延喜式神名帳」(西暦927年)では
「熊野坐神社」と記されています。

火の発祥の神社として、「日本火出初之社(ひのもとひでぞめのやしろ)」とも称されており、
古来、杵築大社(きづきたいしゃ・現在の出雲大社)と並んで出雲国の大社として信仰を集めています。

中世には「上の宮(熊野三社・・・御祭神は、速玉・事解男・伊弉冉三神)」と
「下の宮(伊勢宮・・・御祭神は、天照大神・素盞嗚尊・五男三女)」に分かれていたとのこと。
1881年に両宮は合祀。現在地は「下の宮」にあたります。

意宇六社の一社。
神魂神社熊野大社揖夜神社真名井神社八重垣神社六所神社
熊野大社
島根県松江市八雲町熊野2451


<一覧へ戻る>
上の宮跡の石柱
伊邪那美神社、五所神社、事解男神社、
速玉神社、八所神社、久米神社。
御神木
「上の宮跡」
社殿はなく、草むらが寂しく広がっている。
上の宮跡までは約500m
御本殿
火の発祥の神社として、「日本火出初之社(ひのもとひでぞめのやしろ)」とも称されている。
神門
<熊野大社リンク>
地図
tel:0852-54-0087
熊野大社の一ノ鳥居
松江市街から車で20分ほどの地に鎮座。
あまり観光地化されておらず、穏やかな感じの場所に驚いた。
参拝日は2009年4月17日。
<一覧へ戻る>



緑の参道を通り、熊野大社へ。
黄色い草花が嬉しい。
上の宮跡
緑にあふれた美しい参道
境内を出て、意宇川の上流にある「上の宮跡」に向かう。
境内・右に神門
素盞鳴尊が詠んだ歌碑
「八雲立つ 出雲八重垣 つまごみに 八重垣つくる この八重垣を」
荒神社(右):御祭神は素盞鳴尊
稲荷神社(左)
鑽火殿
燧臼(ひきりうす)、燧杵(ひきりきね)の神器が奉安されている。
舞殿
かつての拝殿。
境内。左奥に舞殿。
御本殿向かって右に鎮座する、稲田神社
御祭神:真髪觸奇稲田姫命
伊邪那美神社
御祭神:伊弉冉命
御本殿向かって左に鎮座する、伊邪那美神社
御祭神:伊弉冉命
御本殿
拝殿
拝殿
境内全景
神門より境内を望む。正面に拝殿。
神門と狛犬
三ノ鳥居
橋上から振り返ると、二ノ鳥居の奥に新緑の山。
これまた美しい眺望。
神橋から望む意宇川。美しい。

二ノ鳥居
100mほど歩くと二ノ鳥居。
鮮やかな朱色の神橋が目を引く。
参道の松林