真名井神社(まないじんじゃ)

御祭神は、伊弉諾尊、天津彦根命です。
※天津彦根命は、山代直の祖神。

創建は不詳。
延喜式に「真名井神社」とその名が記されている古社。中世以降「伊弉諾社」と称されていましたが、
明治時代に社名を「真名井神社」と改称されました。
背後の山は「神名樋山(茶臼山)」で出雲国内・四神名樋山の一つ。東南の麓には
「真名井の滝」があります。

意宇六社の一社。
神魂神社熊野大社揖夜神社真名井神社八重垣神社六所神社
真名井神社
島根県松江市山代町84


<一覧へ戻る>
地図
<一覧へ戻る>




真名井神社参拝メモ

◇参拝について
  ・分かりにくい場所にある。こちらの地図を参照。

境内より神名樋山(かんなびやま)を望む。
新緑がまぶしい。
神楽殿
境内社・末那為神社(まないじんじゃ)
児守神社
御本殿の向かって左に鎮座。
御本殿
御本殿
御本殿
大社造り・檜皮葺き。
中門につけられた神紋。
二重の亀甲に「有」の字。
中門
拝殿
境内全景
きれいな境内、そして社殿。
ちょっと感動。

階上に建つ拝殿
参道の階段
真名井神社の鳥居
出雲国・国庁跡(六所神社)から車で5分の地に鎮座。
参拝日は2009年4月17日。
社号標
地図に載っておらず、非常に分かりにくい場所に鎮座している。
この社号標が目印。
神名樋山(かんなびやま・茶臼山)
この山の麓に真名井神社は鎮座している。
出雲国・国庁跡付近に広がる、のどかな田園風景。