中山神社(なかやまじんじゃ)

美作国一之宮、旧国幣中社
御祭神は、主祭神として鏡作神をお祀りし、
相殿に天糠戸神(あめのぬかどのかみ)、石凝姥神(いしこりどめのかみ)をお祀りしています。

社伝(『中山神社縁由』)では慶雲4年(707年)の創建と記されていますが、
実際には和銅6年(713年)、美作国が備前国から分立した時に吉備中山から勧請を受けて創建されたものとみられます。
延喜式吉田家本に「中山(チウサン)神社」と有り、また今昔物語には「中参」とあり、
古くは「チウサン」と音読するのが普通であったようです。
中山神社
岡山県津山市一宮695


<一覧へ戻る>
御社殿全景
御本殿はあいにく修繕中
御社殿左手の丘。
とても印象的だった
猿神社
神門
光に照らされた門と木の葉が美しい
tel:0868-27-0051
御本殿は改築工事中。
<一覧へ戻る>



中山神社のムクノキ
美作国(みまさかのくに)一之宮・中山神社の大鳥居
(中山鳥居)
境内社
稲荷社
鉾立石
惣神殿
御仮殿(拝殿)
参道と狛犬
参拝は10月上旬。美作の紅葉は少し色づいていた。
狛犬の顔がユニーク。犬ではなく猿?
猿神社への参道
地図