温泉神社(おんせんんじんじゃ)

御祭神は、大己貴命、少彦名命、足摩槌命(あしなづちのみこと)、手摩槌命(てなづちのみこと)、他です。

「出雲国風土記」に、「漆仁の社」と記された古社です。
明治40年に、八幡宮に宮原神社と諏訪神社が合祀され、温泉神社と改称されました。
伝承によれば、須佐之男命によって命を救われた稲田比売命の両親(足摩槌命、手摩槌命)は、
この地にほど近い万歳山(ばんざいさん)に住んでいたとされ、温泉神社の境内には、
足摩槌命・手摩槌命の御神陵があります。

近くには「八俣大蛇伝説」の舞台である、「天が淵」があります。
<日本の神話と縁の社>参照
温泉神社
島根県雲南市木次町


<一覧へ戻る>
地図
<一覧へ戻る>




温泉神社参拝メモ

◇参拝について
  ・たいへん分かりにくい場所にある。こちらの地図を参照。

◇「天が淵」
  ・同じ地図の上部に表示。
  ・道沿いに小屋のようなものがあり、車をとめる場所がある。
   ※公園のようになっていないので、注意。

天が淵の流れ。

「天が淵」
手前部分の川底が深くなっている。まさに「淵」。
観光スポットになっているようで、小さな駐車場がある。
温泉神社から1kmほどの場所にある「天が淵」。
なんと「八俣大蛇伝説」の舞台であると伝えられている。
「八俣大蛇伝説」の舞台とされる「斐伊川(ひいかわ)」
温泉神社の鎮座地付近を流れている。
※神話に登場する「「肥の河(ひのかわ)」は「斐伊川」のことであると考えられている。
温泉神社の社叢
人気のない境内。木霊が聞こえてきそうな感じだ。
須佐之男命によって命を救われた稲田比売命。
その両親である「足摩槌命・手摩槌命」の御神陵。
御本殿の向かって右手に祀られている。
御本殿向かって左の川角社
御本殿
御本殿
拝殿
御神木の杉
すごい存在感。まさに霊木。

参道
鳥居と狛犬

温泉神社の境内
中央の御神木杉がとても印象的。
温泉神社からの展望。
民家少なき山間の村中に鎮座。
のどかで空気の良いところ。

斐伊川の景勝
一ノ鳥居