素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)

備後国一之宮
御祭神は、素盞嗚尊、稲田比売命、八王子です。

奈良時代のはじめに編纂された備後風土記に当社の名称、疫隈国社がでています。
仏教が伝来し、その影響を受けて神社名が祇園社、天王社、江熊祇園牛頭天王社と呼ばれていました。
その後、明治時代に出された神仏分離令により、神社名に仏語を用いることが禁じられたため、
現在の神社名である素盞嗚神社に改名されました。
素盞嗚神社
広島県福山市新市町大字戸手1-1


<一覧へ戻る>
神門
蘇民神社、疱瘡神社
<素盞嗚神社リンク>
ひっそりと静かな境内
参拝日はあいにくの雨だった
<一覧へ戻る>



神楽殿
地図
御本殿
tel:0847-51-2958
境内
戸手天満宮
鳥居と参道
拝殿と狛犬