由良比女神社の一ノ鳥居
隠岐の島前(どうぜん)、西ノ島。別府港よりバスで30分ほどの地に鎮座。
参拝は2009年4月19日。
由良比女神社参拝メモ

参拝は4月19日(日)。
中ノ島の菱浦港から、西ノ島の別府港まで「フェリーどうぜん」に乗船し到着。
主要時間は10分ほどだった。

ここまでの出費が高額となり、現金が少なくなる。
銀行に行ってみたが日曜日は休みでATMもない。

港にはバス停があり、由良比女神社まで行くようなので、バスを利用することにする。
※2009年4月現在のバスの時刻表は下に掲載。
(神社へは「浦郷御方面行き」に乗車)

隠岐汽船サイト(フェリーの時刻表等掲載)
※平成21年時刻表はこちら

西ノ島のサイト
※島間フェリー時刻表情報掲載


隠岐の島・神社参拝メモ

隠岐の島では、下記の6社に参拝。

水若酢神社・・・島後
玉若酢命神社・・・島後
(フェリーで移動)
隠岐神社・・・島前・中ノ島
宇受賀命神社・・・島前・中ノ島
(フェリーで移動)
由良比女神社・・・島前・西ノ島
海神社・・・島前・西ノ島
由良比女命神社(ゆらひめじんじゃ)

隠岐国一之宮
御祭神は、由良比女命(ゆらひめのみこと)です。

創建の年代は不明。
仁明天皇・承和9年(842年)に官社に列格。
「延喜式神名帳(905年)」に名神大社「和多須(わたす)神」とその名が記されています。

<イカ伝説>
社前の「由良の浜」には、毎年10月から翌年2月にかけてイカが押し寄せ、
別名「イカ寄せの浜」と言います。
かつて由良比女命が芋桶に乗って海を渡っているとき、海に浸した由良比女命の手をイカが引っ張ったの、
そのお詫びに、毎年「由良の浜」にイカの群が押し寄せるようになったと伝えられています。
由良比女神社
島根県隠岐郡西ノ島町浦郷922


<一覧へ戻る>
廻廊入口
神門
別府港からの展望。
神社に掲げられた由緒書
いかよせ浜付近の景勝。
山々が新緑で染まり、美しい。
イカ伝説の「いかよせ浜」
神門の屋根と楓の木
境内
祭器庫
緑豊かな境内。
境内社
左に出雲大社・天照皇大神宮・豊受大神宮、
中央に恵比寿宮、右に龍蛇社。
御社殿全景・側面から。
御本殿
御本殿
御本殿
二軒社春日造り変態
拝殿
拝殿
左右には桜の木がシンメトリーに立っている。美しい。
<一覧へ戻る>



二ノ鳥居。奥に拝殿。
バスの時刻表
写真左「浦郷方面行き」の時刻が、由良比女神社行きのもの。
写真右「別府・宇賀方面行き」の時刻が、由良比女神社から別府港にいくもの。
※時刻は2009年4月現在。
「どうぜん」に乗り西ノ島へ。
「フェリーどうぜん」
運賃はなんと300円と安い!
tel:08514-7-8777
地図