天津神社(あまつじんじゃ)

越後国一之宮
御祭神は、瓊々杵尊(ににぎのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、
天太玉命(あまのふとだまのみこと)です。

第12代・景行天皇の御代の創建で、第36代・孝徳天皇の勅願所であったとも伝えられています。
式内社・大神社(おほむはじんじゃ)の論社であり、越後国一之宮を称しています。
社殿はかつて「山崎」の地に鎮座していましたが、山崩れのためこの地に遷座したとのことです。

この地に住んでいた「奴奈川姫命」を八千矛命(大国主)が訪れ契りを結び、
生まれた子が「建御名方命」であるとの伝承が残されています。
天津神社
新潟県糸魚川市一の宮1-3-34


<一覧へ戻る>
<天津神社のリンク>
境内の巨木(ケヤキ)
奴奈川神社横の巨木。
すごい迫力。霊気を発しているかのようだ。
拝殿
地図
tel:0255-52-0036
<一覧へ戻る>


右に「楽屋」、「石舞台」をはさんで左に拝殿
拝殿前の石舞台
古くから、ここで舞楽が行われていたようだ。

末社:子聖社(ねのひじりしゃ)

摂社:奴奈川神社(ぬなかわじんじゃ)本殿
御祭神は奴奈川姫命。八千矛命が合祀。
天津神社・御本殿
御祭神は、中央に「天津彦々火瓊々杵尊」、
左に「天児屋根命」、右に「天太玉命」。
.
御本殿(向かって右)と奴奈川神社(向かって左)

拝殿の側面部と弊殿(右)

拝殿

境内全景。正面に拝殿。
独特の気配(圧迫感)のようなものを感じる。何かいわくのある場所なのだろうか?

雨上がりの参道
しっとりと落ち着いた雰囲気。

石鳥居
糸魚川市役所の隣に鎮座。
参拝は2009年5月31日。