追分節発祥の地碑
浅間神社(あさまじんじゃ)

御祭神は、大山祇神、磐長姫神です。

本殿は室町時代のもので木造建築としては町内最古。
長い年月の間に、幾度となく浅間山の噴火の脅威にさらされてきた社の様子は、
境内に残る松尾芭蕉の句碑「ふきとばす石も浅間の野分かな」からもうかがい知ることができます。
明治2年(1869)5月には、浅間山の火山活動が激しくなり、その鎮静を祈願して明治天皇の勅祭が行われました。
浅間神社
長野県北佐久郡軽井沢町追分1155-7


<一覧へ戻る>
鳥居と参道
雨上がりの早朝。靄に包まれ、境内は神秘的な雰囲気が漂う
屋根には天狗の瓦

御社殿
建造は室町時代。町内最古の木造建築
<一覧へ戻る>



    
地図