佐渡の神社めぐり・参拝メモ

2009年5月30日の夕方、新潟港からカーフェリーで出発。
※19:30に出港し、22:00に到着。
※運賃は、往復で約21,000円(車+人1名)だが、本日から特別割引期間中とのことで、
6,850円だった。ラッキー

佐渡到着後、両津やまきホテルに宿泊。
※素泊まりで6,150円。温泉大浴場があり、部屋もきれいでお勧め。

5月31日の早朝(5:30)から行動開始。


熱串彦神社

総社神社

渡津神社(一之宮)

草苅神社
の4宮を参拝。

その後、小木港でフェリーに乗船。
※10:20に出港し、直江津港に13:00に到着。

佐渡汽船のホームページ
熱串彦神社(あつくしひこじんじゃ)

御祭神は、阿都久志比古命(あつくしひこのみこと)です。
金山彦命が配祀されています。

旧県社
創建は平安時代前期と伝えられ、延喜式神名帳に、「阿都久志比古神社」とその名が記載された古社です。
社殿は鎌倉時代に焼失し、その後正徳4年(1714年)に造営。
金山彦命はもと金北山に鎮座し、国里宮と称しましたが、明治初年に配祀されました。
熱串彦神社
新潟県佐渡市長江854


<一覧へ戻る>
地図
展望台から見下ろす新潟港
カーフェリーのチケット売り場
新潟港にある佐渡汽船のビル
狛犬
堂々たる面構え。
境内
舞殿
御本殿
隠岐の島の隠岐造りに似ている。
拝殿

鳥居と社号標
熱串彦神社の参道。正面に鳥居と拝殿。
参道の両側には狛犬。
参拝は2009年5月31日の早朝。
熱串彦神社を囲む田園。
神社までの参道は細いあぜ道のみ。雨が降っていたので車であぜ道を進む。
が、途中から道幅が細くなり何度も田圃に落ちそうになる。(涙が出そうだった・・・)
350号線沿いのどこかに車をとめ、徒歩で赴くのが正解。
<一覧へ戻る>