戸隠神社・火之御子社(とがくしじんじゃ・ひのみこしゃ)

御祭神は、天鈿女命(あめのうずめのみこと)です。
高皇産霊命(たかむすびのみこと)、栲幡千々姫命(たくはたちちひめのみこと)、
天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)が配祀されています。

創建は天福元年(1233年)。
戸隠神社は、戸隠山周辺に鎮座する五社(奥社中社宝光社九頭龍社火之御子社)の総称です。

戸隠山の神様が神仏習合されていた時代でも、他の4社と異なり、一貫して神社として終始していました。
御祭神は、舞楽芸能の神、縁結の神、火防の神として尊崇されています。
戸隠神社・火之御子社
長野県長野市戸隠


<一覧へ戻る>
<戸隠神社リンク>
地図
社殿背後の社叢
杉の木の根元に祠が祀られていた。
さほど広くなく静かな境内
御社殿
御社殿
火之御子社は、戸隠五社の中で唯一仏教の影響を受けなかった神社とのこと。
社殿の造りは簡素で境内の佇まいも静か。

参道の両側に杉の巨木。正面に御社殿。
火之御子社の鳥居と参道階段
戸隠神社・中社より約1kmほどの場所に鎮座。
<一覧へ戻る>