伊射波神社(いさわじんじゃ)

志摩国一之宮
御祭神は、稚日女尊、伊佐波登美尊、玉柱屋姫命、狭依姫命です。

『延喜式神明帳』に「答志郡粟島坐伊射波神社(いさわじんじゃ)」、また建久3年、
皇太神宮年中行事に「加布良古の明神」とあるのがこの社のこと。
創建から1500~1600年を経たと伝えられています。
伊射波神社
三重県鳥羽市安楽島町


<一覧へ戻る>
伊射波神社の電話番号として書かれてあった
0599-25-4354をカーナビに入力。
到着したのは写真の安楽島舞台だった。

ここから伊射波神社までどう行けばよいかわからず、
周囲を30分ほど歩きまわる。

途方に暮れながらこの場所に戻り、
参拝をあきらめかけたとき、少し離れた左の方に案内板を発見!
御社殿
御社殿
正面に鳥居を発見。
やっと到着か、と思ったが、
もう少し山道が続いた
参道が続く
ふくらはぎが痛い・・・
ところどころに置かれている案内石。
不安が安心へと変わる。
しかし遠い・・・。しかもアップダウンが激しい
この位置に、この角度で案内板があっても、
初めてやってくる参拝者は気づかない!
<一覧へ戻る>



地図
▲現在地
tel:0599-25-4354
鳥居から臨む大浜海岸。
本当にたいへんな参拝だった
石畳が苔ですべり、
下山も一苦労だった
ついに到着、伊射波神社。
たぶん、たどり着くのが一番困難な一之宮かも知れない
(と参拝当時は思った)。
社号標と鳥居
鳥居の先に見える急な石段を、これから登らなくてはならない・・・
鳥居近くの案内板
ここまでかなり歩ったが、さらに参道は続くらしい。
しかも登山のようだ
さすがにヘトヘト。
喉がからからになりながら歩くと、下の方に鳥居を発見。
この崖道を降りねばならないらしい・・・
しばらく歩くと海岸に到着。
そこに案内板が立っていた。伊射波神社はもうすぐなのだろうか?
軽自動車なら、なんとかここまで車で来ることができる
案内板(写真左)と歩行者近道(写真右)
これは参道なのか?まるで獣道
「右一ノ宮」と彫られている石
この案内を頼りに参道を進む
急に狭くなった車道
軽自動車なら何とか通れるか?
案内板
かなり風化していて文字が読めない。

どうやら左上にあるのが神社で、右下にあるのが現在地らしい。
道のり1.3km、徒歩20分と書いてある。

一度徒歩で歩き始めるが、車が通れる道があるので車で移動することにする。
少し走ると車道が急に狭くなり、車での参拝を諦め、
また元いた場所(安楽舞台)に車を戻し、そこから徒歩で参拝。
すでに汗だく・・・