来宮神社(きのみやじんじゃ)

ご祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)、五十猛命(いたけるのみこと)、
日本武尊(やまとたけるのみこと)です。

和銅3年(710年)、熱海湾で漁師の網に御木像がひっかかります。すると漁師のもとに童子が現れ
『我こそは五十猛命である。この里に7本の楠の洞があるからそこに私を祀りなさい』との神託を告げました。
漁師は村人たちとその洞を探し、熱海の西山の地に祠をつくりお祀りをしました。
これをもって当社の創建とされています。

古くより「来宮大明神」と称され、熱海の地主神として来宮の地に鎮座してきました。
※「延喜式神名帳」には「阿豆佐別神社(あずさわけじんじゃ)」の名で記されています。
来宮神社
静岡県熱海市西山町43-1


<一覧へ戻る>
弁財天社
<来宮神社リンク>
地図
tel:0557-82-2241
<一覧へ戻る>



大楠の子供たちだろうか?境内には
多くの楠が立ち並んでいた。
拝殿より境内を望む。
大楠と大楠社。神々しい。
見る者を圧倒する大楠の存在感。すごい。
大楠の幹
御神木「大楠」
樹齢は約2000年と伝えられ、本州一位(全国二位)の巨樹とされている。
文部大臣指定・天然記念物。
江戸時代末期まで、「木宮明神」と称されていたという。
御本殿
拝殿
境内。正面に拝殿。
稲荷神社
三峯神社
参道横にたつ御神木「第二大楠」
参道の石灯篭。
参道におかれた御神石。
参道
楠の巨木に包まれた落ち着いた境内。
来宮神社の鳥居
熱海駅の隣の駅、「来宮駅」から徒歩5分の地に鎮座。
参拝は2009年3月中旬。