北口本宮冨士浅間神社
山梨県富士吉田市上吉田5558‎


<一覧へ戻る>
風神社
諏訪神社前に祀られた三殿社(左)と三神社(右)
北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)

御祭神は、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、
彦火瓊々杵命(ひこほのににぎのみこと)、大山祇神(おおやまつみのみこと)です。

社伝によれば、第12代・景行天皇40年(110年)に「日本武尊(やまとたけるのみこと)」が
大塚丘で富士山を遥拝して大鳥居を建立。その10年後に里人が小祠を建て、
延暦7年(788年)には「甲斐守紀豊庭」が現在地に社殿を造営したと伝えられます.。(詳細は不明)
※第11代・垂仁天皇の御代に、富士山の大噴火を恐れる人々の心を静めるために
火山鎮護の神「木花開耶姫」を祀ったとする説もあります。

社名は、中世から江戸期は「浅間大菩薩」「富士浅間明神」などと称され、2合目にある
「冨士御室浅間神社(上浅間)」に対し「下浅間」とも呼ばれました。
その後、明治期には「富士嶽神社」、「冨士浅間神社」と改称し、
昭和21年に「北口本宮冨士浅間神社」と改められました。

<一覧へ戻る>


浅間神社付近から仰ぎ見る富士山。
大塚丘(大塚社)
北口本宮冨士浅間神社は、社伝によれば、景行天皇40年(110年)に
「日本武尊(やまとたけるのみこと)」が大塚丘で富士山を遥拝して大鳥居を建立
したことを創建の由緒として伝えられています。
登山道を200mほど進むと
創祀の地と伝わる大塚丘がある。
富士登山道
諏訪神社側から境内を望む。右に浅間神社拝殿
諏訪神社前には、下諏訪社(左)と子安社(右)
境内右手に広がる社叢
正面には紙垂で囲まれた高天原。
奥には諏訪神社がお祀りされている。
社殿向かって右手に並ぶ多数の境内社
日之御子社(左)と池鯉鮒社(右)
東宮
御祭神:彦火火出見命。
御本殿
御本殿(国指定重文)
拝殿
拝殿の向かって右手に立つ、ご神木・「冨士夫婦檜」
浅間神社に向かい車で進んでいくと、交差点に立つ金鳥居が立っている。
鳥居の奥に富士山が見える。
手水舎。彫刻が見事
境内
右に神楽殿。左奥に拝殿。拝殿の左右には御神木の杉が立つ。
随神門から境内を望む。正面に神楽殿
随神門。歴史を感じさせる重厚な造り
神門前に祀られた福地八幡社
鳥居の右側に祀られた稲荷社
高さ17.7mの大鳥居
日本武尊の故事に従い建立された
参道の奥に朱の大鳥居.
参道中ほどにある仁王門の礎石
参道中ほどに置かれた富士講開祖・角行(かくぎょう)の
立行石(たちぎょういし)
<北口本宮冨士浅間神社リンク>
境内右奥(西宮右手)には富士登山道吉田口がある。
西宮本殿(国指定重文)
御祭神:天照大神・豊受大神・琴平大神
文禄3年(1594)に浅間神社本殿として造営。元和元年(1615)の浅間神社本殿再建のさい移築し西宮となった。
参道
地図
北口本宮冨士浅間神社の創祀の地、大塚丘(大塚社)
日本武尊をご祭神としてお祀りしている。
西宮本殿(右)と浅間神社御本殿(左)
東宮の隣に祀られている神武天皇社
末社・青麻社
大鳥居の前を流れる禊川。水がとても冷たかった
国道138号に面する一の鳥居と参道
参拝は2010年9月11日。一ノ鳥居と参道

tel:0555-22-0221
諏訪神社の御本殿(左)と拝殿(右)
摂社: 諏訪神社
主祭神:建御名方神・八坂刀賣神。
当地の産土神であり、浅間神社勧請前から諏訪森に鎮座。
左より、倭四柱社、日枝社、日隆社、愛宕社、天津神社、
国津神社、天満社
東宮本殿(国指定重文)
永禄4年(1561)武田信玄の造立。(旧浅間神社本殿)
構造や彫刻などに室町時代の手法をとどめている。
社殿の左奥には「東宮」が祀られている。
その参道途中に生える「七色もみじ」の木
拝殿の裏手立つ、ご神木・「冨士次郎杉」
拝殿向拝部の細密な彫刻
拝殿前向かって左手に立つ、ご神木・「冨士太郎杉」
参道
参道
思わず感嘆の声をあげてしまうほどの見事な杜。
歩いているだけで清々しい気持ちになる。