草苅神社(くさかりじんじゃ)

かつて「草刈村」といわれた字天沢に鎮座。
江戸中期頃は「八王子牛頭天王」「羽茂祇園社」などと称されていました。
※御祭神は、(かつて称されていた社名から推測すると)素盞嗚尊か?

文久3年(1863)から境内の本舞台で「能」が演じられているとのこと。

草苅神社
新潟県佐渡市羽茂本郷1699


<一覧へ戻る>
佐渡の神社めぐり・参拝メモ

2009年5月30日の夕方、新潟港からカーフェリーで出発。
※19:30に出港し、22:00に到着。
※運賃は、往復で約21,000円(車+人1名)だが、本日から特別割引期間中とのことで、
6,850円だった。ラッキー

佐渡到着後、両津やまきホテルに宿泊。
※素泊まりで6,150円。温泉大浴場があり、部屋もきれいでお勧め。

5月31日の早朝(5:30)から行動開始。


熱串彦神社

総社神社

渡津神社(一之宮)

草苅神社
の4宮を参拝。

その後、小木港でフェリーに乗船。
※10:20に出港し、直江津港に13:00に到着。

佐渡汽船のホームページ
境内の社叢
まっすぐに伸び生える杉の木が印象的だった。.
拝殿を横から
階上の拝殿
地図
10:20、佐渡の小木港を出港
木々に埋もれるように建つ御本殿
<一覧へ戻る>


参道
面積約8800坪の境内。楠、ケヤキ、樫などの樹木が多い

tel:(注)0259-88-2489
海上より佐渡島を望む。
神社めぐりをしていなかったら、一生来ることはなかったかもしれないなあ、
などとしみじみと思う。
カーフェリー「こがね丸」
小木港のフェリー乗り場
能舞台
県の重要文化財に指定されている。
参道の階段。新緑がまぶしい。
鳥居と参道
渡津神社から車で5分の地に鎮座。
少し奥まった場所にあり、たどり着くまで少々迷ってしまった。