参拝は2008年3月中旬。
尾張一之宮駅からタクシーで10分。
住宅街の中にひっそりと佇む社。
※帰りは徒歩で25分ほど(タクシーがつかまらなかった・・・)

大神神社(おおみわじんじゃ)

尾張国一之宮

御祭神は、大物主神(おおものぬしのかみ)です。

創祀は崇神天皇の御代。疫病が流行したときに天皇が祀った神々の一柱と伝えられています。
この大神神社(おおみわじんじゃ)と真清田神社をまとめての「相殿・対の宮」とし、
尾張国一之宮に指定されました。


かつての神域は8町ほどもあった大社と伝えられていますが、天正12年(1584年)の戦乱で
御本殿などの建造物が失われ、今では住宅街に佇む小さな社になっています。

大神神社
愛知県一宮市花池2-15-28


<一覧へ戻る>
大神神社(おおみわじんじゃ)の境内全景
かつては8町ほどの広さがあったとされるが、現在その面影はない。
御本殿
御本殿
<一覧へ戻る>



拝殿に掲げられた「尾張国一之宮・大神神社」
拝殿
tel:0586-45-5846
地図