猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)

御祭神は、主祭神として猿田彦大神、相殿に大田命をお祀りしています。

猿田彦大神は天孫(瓊瓊杵尊・ににぎのみこと)をおみち びきの後、
伊勢の地を本拠として国土の開拓を指導されました。
その後、垂仁天皇の御代に皇女倭姫命が神宮鎮座の地を求めて諸国を巡歴されたときに、
大神の御裔(みすえ)の 大田命(おおたのみこと)が祖神、猿田彦大神と同じく先導され、
五十鈴川 の川上一帯の霊地を御献上、伊勢の神宮の御創建に尽くされました。


猿田彦神社
伊勢市宇治浦田


<一覧へ戻る>
境内社:佐瑠女神社(さるめじんじゃ)
御祭神は、天宇受売命
拝殿、幣殿、御本殿の屋根と千木
<一覧へ戻る>



拝殿から佐瑠女神社を臨む
拝殿を右から
<猿田彦神社リンク>
境内の鳥居
地図
tel:0596-22-2554
御本殿裏手の御神田
御本殿を横から。
参拝日は快晴。屋根の上には、光のつぶが煌いている。
拝殿の右手を抜け、御本殿へ
拝殿屋根の千木
猿田彦神社・拝殿
社号標と境内遠景
7年ぶり2度目の参拝。
伊勢神宮内宮の近くに鎮座。
通りの多い車道に面しているため、深い杜に囲まれた
神宮別宮の社とは、随分趣が異なる