総社神社(そうじゃじんじゃ)

佐渡国総社
御祭神は、伊弉諾尊、伊弉冉尊、素盞嗚尊、誉田別命、天太玉命、大己貴命、少彦名命です。

創建の詳細は不明。
総社とは、旧国内の有力な諸祭神を一社に祀った神社を指します。
国司は、着任後に国内全ての神社を巡拝することが慣わしでしたが、平安時代に国府近くに総社をもうけ、
そこを詣でることで巡拝の負担を軽減させました。
総社神社は、かつては佐渡国衙(檀風城址)の近くの八社林に鎮座していましたが、
徳治2年(1307年)に吉岡地頭本間氏によって現地に遷座したと伝えられています。
総社神社
新潟県佐渡市吉岡793


<一覧へ戻る>
佐渡の神社めぐり・参拝メモ

佐渡には2009年5月30日に訪れた。
※本土でレンタカーを借り、カーフェリーで佐渡に到着

前日入りし、早朝(5:30)から行動を開始。


熱串彦神社

総社神社

渡津神社(一之宮)

草苅神社
の4宮を参拝。

その後、小木港でフェリーに乗船。
※10:20に出港し、直江津港に13:00に到着。

佐渡汽船のホームページ
<一覧へ戻る>


総社神社近くに広がる真野湾の展望。
地図
境内
天満宮より鳥居を望む。
御本殿の向かって左手に鎮座する天満宮。
御本殿
拝殿
屋根上の模様が特徴的。
鳥居。奥に拝殿。
芝生がきれい。
総社神社の参道。
住宅地の中に静かに鎮座。
雨で煙立つ、総社神社近くの山並み。
幻想的だった。