高倉神社(たかくらじんじゃ)

御祭神は、高倉下命(たかくらじのみこと)です。
垂仁天皇の時代の創建と伝えられ、祭神の高倉下命は物部氏の祖神、饒速日命の子と伝えられています。

本殿、八幡社、春日社の三殿の境内社はいずれも朱塗りで檜皮葺の屋根を持ち、
背面を除く三方に擬宝球付の高欄を持つこの三殿は桃山様式で国指定重要文化財となっています。
高倉神社
三重県上野市西高倉1050-2


<一覧へ戻る>
地図
春日社(重文)
御社殿の左手に鎮座
3社殿が並んだ姿は圧巻

参道を整備し、PRを行い、もっと参拝者を
募るべきではないのか?などと余計なことを考えてしまう。
(それほど見事な御社殿)
御本殿(左)と八幡社本殿(右)
ともに国指定重要文化財
実に見事な装飾。こんな素晴らしい御社殿が
人気のない神社に建立されているとは驚き
拝殿
御社殿への階段
参道
社号標と鳥居
人気のない山中に鎮座されていた
<一覧へ戻る>



tel:0595-21-5864