荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)

御祭神は、菅原道真公です。
荏柄(えがら)の社号は、天平7年(735年)の『相模国封戸租交易帳』などに見える
「荏草郷」の”えがや”が後に転じて”えがら”となり、「荏柄」と表記されたものと考えられています。

関東を中心に各地に分社をもち、福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と共に
三天神社と称される古来の名社とのこと。
治承4年(1180年)に源頼朝公は当社を鬼門の守護神と仰ぎ、更めて社殿を造立されました。


荏柄天神社
神奈川県鎌倉市二階堂74


<一覧へ戻る>
<荏柄天神社リンク>
地図
tel:0467-25-1772
境内
右に熊野権現社への鳥居
神門

神門より鎌倉の町並みを望む。

鶴岡八幡宮より徒歩10分。
鎌倉散策をしながら、ぜひ立ち寄りたい社だ。
境内
右にご神木の大銀杏
熊野権現社
境内のクスノキ
御社殿(御本殿、拝殿)全景
御本殿
拝殿
鮮やかな朱の色が、森の緑と空の青にはえる。
境内
明るく静かで、品の良い境内。
女性の参拝客が多かった。
鳥居と参道
鎌倉駅から徒歩15分。
鎌倉の趣きを感じる住宅街の中に鎮座。
<一覧へ戻る>



参道
正面に階段と神門。
澄み渡った空が気持ちいい。
熊野権現社より望む御社殿
御本殿の千木