総門を入ると、巨大な三門(左)が目に入ります。
あまりの勇壮さに、多くの観光者たちが息をのみます。
三門を左手に抜けると、方丈までのまっすぐな道が広がります。
道の右手には、仏殿、法堂が建ち並びます。
建長寺(けんちょうじ)

建長寺(巨福山建長興国禅寺)は、鎌倉五山の第一位とされる臨済宗建長寺派の大本山です。
1253年、鎌倉幕府五代執権北条時頼が建立した、わが国最初の禅寺です。
建長寺
神奈川県鎌倉市


<一覧へ戻る>

建長寺

仏殿です。御本尊は地蔵菩薩。黒目と白目がある珍しい顔立ちをされています。
仏殿内には歴代住職の名前が掲げられています。
<一覧へ戻る>

方丈概観と方丈内から眺めることができる庭園です。
隅々まで手入れが行き届いており、緑がまぶしいです。
法堂の内部(左)です。御本尊は千手観音像です。
手前にある釈迦苦行像は、パキスタンから寄贈されたものとのこと。
天井には雲竜図(右)が描かれています。