<一覧へ戻る>
小御門神社
千葉県成田市名古屋898


境内
人の温もりのようなものを感じる、あたたかな雰囲気の境内。
手作り感のある装飾などに心惹かれた。
小御門神社(こみかどじんじゃ)

旧別格官幣社
御祭神は、藤原師賢公(ふじわらのもろかた)です。

後醍醐天皇の側近であった藤原師賢は、元弘元年(1331年)、後醍醐天皇になりすまし
比叡山で討幕の挙兵を行ないます。しかしその後捕えられ、元弘2年に「下総国」に流され、
その3ヶ月後に32歳で没しました。

明治10年(1877年)、住民により師賢を祀る神社の創建運動が起こり、明治12年に神社創建の許可が下り
「小御門神社」の社号が決定。明治15年に師賢の墓跡に社殿を造営し創建となります。

小御門神社・参拝メモ

参拝は2010年1月下旬。
香取神宮、息栖神社、鹿島神宮とめぐり、最後に当社に訪れた。

現存する全国の官社を巡ってきたが、この小御門神社で完拝となる。
長かった・・・。
全国官社一覧参照
透塀に囲まれた社殿。
御本殿の背後に塚がある。
これは御祭神・藤原師賢公の墓所と伝えられている。
社殿全景
拝殿と御本殿の間は少し離れている。
拝殿から御本殿を望む。
拝殿
拝殿
向拝の形がちょっと変わっている。
参道の奥に鳥居。透塀の中に社殿。
参道から境内を望む。
素朴で落ち着いた感じの境内だ。
緑に包まれた静かな参道。
小御門神社の鳥居(二ノ鳥居)。
鎮座地は成田駅から車で20分ほどの地。
参拝は2010年1月下旬。
<小御門神社リンク>
境内
緑豊かで静かな境内。木漏れ日が美しい。
御本殿
地図
御本殿の屋根
tel:0476-96-0449‎
拝殿と空。
曇りだった天気がしだいに晴れになってきた。
<一覧へ戻る>