中山神社(なかやまじんじゃ)

御祭神は大己貴命。
創祀は
崇神天皇の御代と伝えられる古社で、かつては「中氷川神社」と呼ばれた中川の鎮守です。

中氷川の由来は、見沼に面した高鼻、三室(浦和)、中川の地に氷川社があり、
各々男体宮女体宮、簸王子宮を祀り、当社が高鼻(男体宮)、三室(女体宮)の中間に
位置したところからつけられたと伝えられています。

中山神社
埼玉県さいたま市中川145-65


<一覧へ戻る>
地図
tel:048-686-3567
朱の鳥居
参道
境内社
神明社・飯成社・淡嶋社・疱瘡守護社・磐神社・石上社・
竈神社・稲田宮主社
荒脛神社
御火塚
神楽殿
中山神社旧社殿
旧社殿は、板張り床の外陣に至る階段を設け、祭神を安置する母屋前方の屋根を、
角度を変えて軒先よりさらに長くして、反りを付した板葺の二間社。

この中山神社の旧社殿は、社殿の祖型と言われる「見世棚造り」から、
階段などを装飾して「流造り」に発展していく過波期の建造物といえる。
桃山期のものと考えられ、県内に現存する社殿でも古い型式に入る。

御本殿
拝殿と狛犬
境内
<一覧へ戻る>