拝殿
神橋(しんきょう)
奈良時代、二荒神社創建のために神によってかけられたと伝えられている.。
山梨の猿橋、山口の錦帯橋とともに、日本の三奇橋と言われている。
御本殿(重文)
<一覧へ戻る>



神橋から本宮神社へと続く参道
社号標と鳥居
本宮神社(ほんぐうじんじゃ)

本宮神社は日光二荒山神社の別宮で、二荒山神社発祥の地。
御祭神は、味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)です。

二荒神社(ふたらじんじゃ)は男体山を御神体山として奈良時代に奉祀された社です。
日光二荒山神社は、「御本社」 「奥宮(男体山山頂)」 「中宮祠(中禅寺湖湖畔)」の3社が鎮座。
「御本社」は、「新宮」 「滝尾神社」 「本宮神社」の3社で構成されています。
本宮神社
栃木県日光市山内


<一覧へ戻る>
境内
参拝者は少なく、静かに鎮座する社
<本宮神社リンク>
地図
白糸の滝(右の写真は上から)