貫前神社(ぬきさきじんじゃ)

上野国一ノ宮、旧國幣中社
御祭神は、経津主神(ふつぬしのかみ)、姫大神です。

貫前神社(ぬきさきじんじゃ)と読みます。
創建は、碓氷郡東横野村鷺宮に物部姓磯辺氏が奉斎し、次いで南方鏑川岸に至り、
蓬ヶ丘綾女谷にお祀りしたのが西暦531年と伝えられています。

鵜戸神宮草部吉見神社とともに、日本三大下り宮に数えられる一社です。
貫前神社
群馬県富岡市一ノ宮1535


<一覧へ戻る>
総門から見下ろす楼門と御社殿
日本三大下り宮にも入る珍しい造り。
<貫前神社リンク>
地図
tel:0274-62-2009
<一覧へ戻る>


鳥居附近から見下ろす富岡市の街並み
スダジイと西門
末社:日枝神社、伊勢神宮(内宮、外宮)
樹齢1200年の大杉(藤太杉)
神楽殿。屋根には雪が残る
御本殿左手に鎮座する、
抜鉾若御子神社(ぬきほこわかみこじんじゃ)
境内と御社殿
境内
中央に楼門。その右に拝殿、御本殿。
2月下旬の上野国一之宮には雪がずいぶん残っていた。
御本殿(国指定重文)
徳川家光公の命による造営。
単層二階建ての独特の社殿形式。
拝殿
楼門
総門
参道の鳥居
少々長い上り階段が続く。
貫前神社へと続く登り坂。
貫前神社までは、上州一之宮駅から徒歩10分。
無人駅で、駅には神社までの案内もなく、苦労した。
参拝は2008年2月下旬。