<一覧へ戻る>
天満宮と五社
※五社・・・真剣社、春日社、東照宮、天建社、健田社。
拝殿横より楼門を望む。左に境内社。
<高椅神社のリンク>
境内から見上げる空
高椅神社
栃木県小山市高椅702-1


地図
楼門の屋根に施された飛龍の彫刻。
tel:0285-49-0159
御本殿背面
上宮神社の隣には、大椙神社(左)と稲荷神社(右)。
御本殿の背後に祀られた上宮神社。
拝殿
拝殿前には左右に狛犬
楼門より拝殿を望む。
鳥居から仰ぎ見る楼門
参道に立つ神木
参道
高椅神社(たかはしじんじゃ)

御祭神は、磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)、国常立尊(くにのとこたちのかみ)、
天鏡尊(あまのかがみのみこと)、天萬尊(あめよろづのみこと)です。
木花開耶姫命、経津主神火産霊命、豊受比売神が配祀されています。
※磐鹿六雁命は、四道将軍「大彦命」の孫にあたり、第12代・景行天皇の侍臣でした。
天皇に献上した料理が称讃されたことにより、「料理の祖神」とも伝えられています。

第12代・景行天皇の御代、「日本武尊」が東征の際に当地で国常立尊・天鏡尊・天萬尊をまつって
戦勝を祈願したのが当社の起源と伝えられています。

第40代・天武天皇12年(684年)、当地を支配した「磐鹿六雁命」の末裔(まつえい)の高橋氏が
高橋朝臣の姓を授けられ、その年、当社に祖神・磐鹿六雁命を合祀(ごうし)して高椅神社と称しました。

長元2年(1029年)には、境内に井戸を掘ったところ大きな鯉が出ます。
これを都に報告したところ、誠に霊異なことであるとして「日本一社禁鯉宮」の勅額を授かりました。
このことから当社は「鯉の明神」とも称されています。

<一覧へ戻る>


拝殿側より望む楼門
御本殿背後の森
拝殿の左には、白幡神社(左)と五社(右)
※五社・・・疱痘神社、日高神社、雷電神社、八幡宮、神明宮。
境内の向かって左手に立つ神楽殿。
御本殿
拝殿
楼門
楼門
高椅神社の楼門
鮮烈な朱色と楼門前の鳥居が極めて印象的。
明和7年(1770年)の再建。
高椅神社の参道
入り口に鳥居はないようだ。立ち並ぶ朱の鳥居が印象的。
鎮座地は栃木県小山市の北西部、小山駅から10kmほどの地。
参拝は2009年12月27日。