鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)

相模国一之宮
、旧国幣中社
御祭神は、応神天皇、比売神、神功皇后です。

康平6年(1063年)、源頼義公が奥州を平定し、鎌倉の材木座に源氏の氏神として
八幡宮をお祀りしたのがはじまりとされています。
その後、頼朝候公が鎌倉に入るや直ちに、現在の地に移しお祀りし、
建久2年(1191年)には鎌倉幕府にふさわしく、上下両宮の現在の姿に整えました。


鶴岡八幡宮
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31


<一覧へ戻る>
地図
tel:0467-22-0315
旗上弁財天社
源平池の島上に祀られている。

白旗神社
本宮の右手に鎮座。
御祭神は、源頼朝公、実朝公。


本宮御本殿
朱、金、緑などに彩られた装飾が実に美しい。

写真の左下には武内社。御祭神は武内宿禰。
御祭神である応神天皇や神功皇后に仕えた宰相として有名。

本宮(楼門)を別の角度から。
本宮(楼門)
大階段と本宮(楼門)
階段の左手には大銀杏

舞殿(下拝殿)
静御前が義経公を慕い、舞を舞った場所、
朱の色が実に鮮やか。
参道には露店が並び、参拝する人で大混雑。
正面に舞殿、その後方に楼門が見える。

参道を横切る流鏑馬馬場。
とにかくすごい人。
大鳥居
鎌倉駅から徒歩10分の地に鎮座。
この日は流鏑馬神事が催され、多くの参拝者で賑わっていた。
※流鏑馬神事は9月16日に行われる。
<一覧へ戻る>