淡嶋神社(あわしまじんじゃ)

全国の淡嶋神社(粟嶋神社)の総本宮
御祭神は、少彦名命、大己貴命、息長足姫命(おきながたらしひめのみこと・神功皇后)です。

「延喜式」に記された「加太社」にあたる神社とされ、鎮座地の地名が「加太」であることから、
加太淡嶋神社(かだあわしまじんじゃ)、加太神社(かだじんじゃ)とも称されています。

神功皇后は「三韓出兵」からの帰路、瀬戸の海にて激しい嵐に遭遇します。
その際皇后は、「船の苫(とま)を海に投げ、その流れのままに船を進めよ」との神託を得、
船を進めたところ「友ヶ島」にたどり着きます。
島には、「少彦名命」と「大己貴命」を祀る祠があり、皇后は感謝の気持ちをこめて奉納を行ないました。
後年、友ヶ島の祠は第17代・仁徳天皇によって対岸の「加太」の地に遷座され、ご社殿が建立されます。
これをもって、淡嶋神社の創建とされています。

御祭神である「少彦名命」が、大己貴命との国造りを終え、常世の国に旅立ったのは
「粟島(アワシマ)」であるとの伝承も残されています。
淡嶋神社
和歌山県和歌山市加太116


<一覧へ戻る>
拝殿
<淡嶋神社リンク>
地図
tel:073-459-0043
<一覧へ戻る>



友ヶ島
淡嶋神社の元宮(かつての鎮座地)。
「友ヶ島」とは、地ノ島、沖ノ島、虎島、神島の総称。

加太の地は観光地化が進み、境内は人形に溢れ、
参拝前に思い描いていたイメージとは大違いだった。
日本神話縁の神社なのだが・・・
ちょっと残念な気がした。
社殿と、それを取り囲む人形たち。
遷使殿付近より望む御本殿
遷使殿
少彦命名の使い神である「蛙」を祀っている。
紀文稲荷社
大国主社
御祭神:大己貴命(大国主命)。
七福神の人形が置かれ、中央には「大黒様」。

こちらは七福神コーナー。
動物コーナーの人形たち。
社殿の向かって左手には境内社。
その周辺にも当然のように人形が並ぶ。
社殿近くにおかれた人形。
場所ごとにテーマがあるらしい。
拝殿に並ぶ人形。
その数の驚き。
拝殿
淡嶋神社の境内
二ノ鳥居
淡嶋神社の一ノ鳥居
加太の海岸近くに鎮座。
参拝日は2009年5月3日。
GWのため、加太の海岸は多くの行楽客で賑わっていた。