平安神宮(へいあんじんぐう)

旧官幣大社
御祭神は、桓武天皇(第50代)、孝明天皇(第121代)です。

平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治28年に遷都のおや神様である第50代桓武天皇をご祭神として創建されました。

当時の京都は、幕末の戦乱で市街地は荒廃し、明治維新によって事実上首都が東京へ遷ったことにより
人々の心に大きな打撃を与えました。
このような状況の下、京都を救うべく数々の復興事業を展開され、古き良き京都の維持継承に力が注がれました。
これらの熱意と一連の町おこし事業が見事に結実して、平安神宮が創建。
千年以上も栄え続けた雅やかな京都を後世に伝えるために、京都復興にかけた多くの人々の遺志を後世に伝えるために、
四海平安の祈りを込めて創建されたのです。

その後、皇紀2600年にあたる昭和15年には、市民の懇意によって平安京有終の天皇、第121代孝明天皇のご神霊が
合わせ祀られ、「日本文化のふるさと京都」のおや神様として広く崇敬を集めることとなりました。
平安神宮
京都府京都市左京区岡崎西天王町97


<一覧へ戻る>
大極殿
大鳥居。あまりの巨大さに驚き。
参拝は2008年4月下旬。
神苑(南神苑)
大極殿前の左近の桜
<平安神宮リンク>
地図
tel:075-761-0221
<一覧へ戻る>



神苑出口から臨む仁王門
龍尾殿
神苑出口から臨む大極殿
神苑(東神苑)
神苑(中神苑)
神苑(西神苑)
神苑より臨む御本殿
神楽殿
蒼龍楼
大極殿の屋根
百虎楼
額殿
仁王門
朱色の神橋と御濠
境内全景
左より、額殿、百虎楼、大極殿、蒼龍殿、神楽殿