発心門王子社(ほっしんもんおうじしゃ)

熊野古道に祀られた熊野権現の御子社の一つ。
発心門王子は、九十九王子の中でも格の高い「五体王子」に数えられました。

「発心門」とは山上の聖地に至る四つの門(発心・修行・等覚・妙覚)の一つで、
「発心」とは「仏道に入り、修行への志を固める」ことを意味します。

この地より先は奥熊野とされ、かつては大鳥居が立っていたとのこと。
その鳥居近くに祀られた社に「発心門」の名を持つ王子の名がつけられたとのことです。
発心門王子社(熊野古道)
和歌山県田辺市本宮町三越


<一覧へ戻る>
地図
<一覧へ戻る>



発心門王子社・参拝メモ

参拝は2009年9月下旬
熊野本宮大社参拝後に訪れた。

本当は、「道の駅・奥熊野古道」から歩き、帰りはバスに乗り道の駅まで戻る予定だったのだが、
時間がなくなり断念。
車で発心門王子社の近くまで行き、そこから周辺を歩くことにした。
ちなみに「道の駅・奥熊野古道」から発心門王子社までは、約4km。徒歩で1時間半ほどかかる。

バスの時刻表はこちらを参照
発心門王子社付近の展望。
王子神社遺址を記した碑
社殿
発心門王子社の社殿
光を浴びた緑の中、朱色の社殿が麗しく佇む。
発心門王子社の鳥居と社殿
熊野古道「中辺路(なかへち)」に鎮座。
この地から熊野本宮大社までは約5km。聖地の直前に設けられた
「門」の役割をはたす社といえる。
発心門王子社入り口の鳥居
木立の向こうに発心門王子社の社殿
朱色が鮮やか。
根が張りだした小道の奥に鳥居。
熊野古道からの風景
熊野の参詣古道
木立の中、印象的な風景が続く。
熊野古道
熊野参詣道(熊野古道)中辺路の碑。
世界遺産登録を記念して立てられた。