宝来山神社の鳥居。
高野山から車で1時間の地に鎮座。
参拝は2009年5月4日。

宝来山神社(ほうらいさんじんじゃ)

御祭神は、猿田彦大神、菅原大神、八幡大神、大山祇大神です。

光仁天皇宝亀2年(771)、和気清麿が八幡宮を奏斉したのに始まり、
後高尾山神護寺の僧・文覚上人が社殿を造営。
元亀・天正の頃、織田信長の兵火に炎上、慶長19年(1614)再建。
大工藤原朝臣、大薮義次甚左ヱ門、折居村新左ヱ門の指揮で建立。
(※かつらぎ町観光協会の案内板より)
宝来山神社
和歌山県伊都郡かつらぎ町萩原56


<一覧へ戻る>
参道。奥に拝殿。
<一覧へ戻る>



境内より望む高野山。
境内より見上げる宝来山。
池の中の境内社。厳島神社か。
境内社
東殿と御本殿
向かって一番右に東殿。御祭神:素盞嗚尊、大国主大神。
その隣に御本殿三棟が見える。
それぞれ、大山祇大神、八幡大神、菅原大神をお祀りする。

弊殿
左に西殿。御祭神:少彦名大神、蛭子大神。
その隣から四棟並ぶ御本殿
一間社春日造り。重要文化財。
御祭神は左より、猿田彦大神、菅原大神、八幡大神、大山祇大神。

拝殿
tel:0736-22-0303
地図