今宮神社(いまみやじんじゃ)

御祭神は、本社に大己貴命、事代主命、稲田姫命。疫社に素盞嗚尊。

平安建都以前から、この地には疫神を祀る祠があったと伝えられています。
正暦5年(994年)、疫神を神輿に斎いこめて船岡山へと奉安しましたが、
長保3年(1001年)に大流行した疫病を鎮めるため、再び現在の地に奉遷されました。
この時、神殿三宇とともに三柱の神が創祀され、新たな宮という意味で今宮社と名づけられています。
今宮神社
京都府京都市北区紫野今宮町21


<一覧へ戻る>
地主稲荷社
今宮神社御本殿
疫社本殿
参道
楼門
鮮やかな朱塗りの楼門
<一覧へ戻る>



東門
門の外には、有名なあぶり餅屋がある
宗像社
東門にかかる神橋
月読社
紫野稲荷社
境内。中央に紫野稲荷社を臨む。
八社
大国主命・事代主・住吉・八幡・熱田・香取・鏡作・諏訪
日吉社
八幡社
大将軍社
御本殿向かって右の神楽殿
織姫社
拝殿
境内全景
左より、拝殿、摂社本殿(疫殿)、拝所および御本殿
楼門の入り口と狛犬
大鳥居
楼門より約400m離れた北大路通に面したところに立っている。
絵馬舎
若宮社
御本殿(右)、疫社本殿(右)
御祭神は、本社に大己貴命、事代主命、稲田姫命。疫社に素盞嗚尊
    
tel:075-491-0082
地図