表参道の鳥居
播磨国一之宮・伊和神社
姫路駅からは車で1時間半とかなり遠い
伊和神社(いわじんじゃ

播磨国一之宮、旧国幣中社
御祭神は、大己貴神(伊和大神)。配祀神として少彦名神、下照姫神をお祀りしています。

成務天皇御代西暦144年の創祀、創建は欽明天皇の御代西暦564年と伝えられます。
伊和の語源について、風土記の伝承は神酒(みわ)から、或いは大己貴神が国作りを終えて「於和(おわ)」
(終わったの意)と呟いてこの地に鎮まったからとしています。
このほか、伊和は岩のことで磐座・山・鉱石などを意味するとも考えられています。
伊和神社
兵庫県宍粟市一宮町須行名407


<一覧へ戻る>
地図
参道と随神門
杉並木の清々しい参道
伊和神社の近くを流れる揖保川
神社との縁も深い
市杵島姫神社
西参道の随神門
さらに奥まで進んでみると、磐座らしくものが散見。
本当は伊和神社にとって、とても大切な場所なのではないだろうか?
北参道附近に何かを感じ足を踏み入れる。
二羽の鶴の像や乙女像(?)などが置かれている。
地面には草が生え放題。あまり人が訪れない場所らしい。
表参道の随神門を抜け北参道へ
御霊殿
五柱社
天照皇大神・宇賀魂神・国底立神・須佐之男神・猿田彦神
鶴石
(御本殿の後ろに祀られている)
伊和恒郷に御神託があり、その夜多くの鶴が舞い降りた。
その中に大きな白鶴が2羽、石の上に北向きに眠っていたので、そこに社殿を造営したと伝えられている。
その石を鶴石といい、社殿が北向きなのはそのためであると伝えられている。
御本殿
幣殿
拝殿と狛犬
狛犬の顔が特徴的
境内全景
随神門の左手に境内。
正面に拝殿。
御社殿が北向を向く珍しい配置
<一覧へ戻る>



播磨十六郡神社(播磨国内の式内社)
御本殿の左右に、東八群と西八群に分かれて祀られている
tel:0790-72-0075