吉水神社附近に車を置き、吉野水分神社まで徒歩で登る。
写真は「中千本」と言われる桜の群生
吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)

御祭神は、水を司る天之水分大神(あめのみくまりのおおかみ)を主祭神とし、
高皇産霊神・少名彦神・御子神・天津彦火瓊瓊杵命・玉依姫命・天萬栲幡千幡比咩命を配祀しています。

水分(みくまり)とは「水配」の意味で、元々は流水の分配を司る神ですが、
「みくまり」が訛って「御小守(みこもり)」 となり、それにつれて信仰の形も水の分配を司る神から、
子守の神・子授けの神になったといわれています。


吉野水分神社
奈良県吉野郡吉野町吉野山1612


<一覧へ戻る>
急な坂道が延々と続く。
写真は「上千本」の桜。
色づいた木々が、なんとも言えない趣を
かもしだしていた。
侘寂の世界観そのものといった神社だった。
神輿社側から見た境内
神輿社の神輿
むき出しになっていた。
御本殿
緻密な装飾、そして歴史を感じさせる佇まい。
感動的
御本殿
天之水分大神を主祭神とし、
高皇産霊神・少名彦神・御子神・天津彦火瓊瓊杵命・玉依姫命・天萬栲幡千幡比咩命
が配祀されている。

境内
楼門を背後にするとこう見える。四方を建物で囲まれた不思議な造り。
左手にあるのが拝殿。
御本殿は拝殿に対する形で右手にある。
奥にあるのは神輿社。
境内側からみた楼門
鳥居と楼門
吉野の町のアップ。
中央上に金峯山寺の蔵王堂。
吉野水分神社近くの展望台からの眺め。
下に吉野の町並みが見える。
あそこから徒歩で登ってきたことになる。疲れた・・・
<一覧へ戻る>



拝殿
桃山時代の建立と思われる。
黒く変色した柱に歴史の重みが感じられる。
吉野水分神社に到着。
tel:07463-2-3012
地図