長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)

御祭神は、菅原道真公です。

「長岡の御所」または「見返天神」とも称されています。
長岡は、御祭神:菅原道真公が、詩歌管弦を楽しまれた縁深い場所であり、
菅公が太宰府へ左遷された際にも立ち寄られた場所でもあります。
その際、「我が魂長くこの地にとどまるべし」との歌を詠まれ、自作の木像をお祀りしました。
これをもって長岡天満宮の創祀となります。

長岡天満宮
京都府長岡京市天神2-15-13


<一覧へ戻る>
八条ヶ池の水上橋
<長岡天満宮リンク>
地図
tel:075-951-1025‎
正面大鳥居
長岡天神駅から徒歩10分の地に鎮座。
参拝は2009年4月10日。

<一覧へ戻る>



鳥居と桜
長岡稲荷大明神
山神社(右)、菅竜神・松尾竜神(左)
稲荷神社の参道
八幡社、春日社
御祭神の菅公と縁のある牛の像。
御本殿
拝殿
拝殿
境内全景
社殿前の鳥居
境内に広がる神苑
天満宮と言えば太鼓橋
「八条ヶ池」
寛永15年(1638年)、八条宮智仁親王による造営。
周囲には桜が植えられている。