鳥居と社号標
大鳥神社は鳳駅から徒歩10分の地に鎮座。
参拝日は2009年1月24日。
鳥居と狛犬
大鳥大社(おおとりたいしゃ)

和泉国一之宮、旧官幣大社
御祭神は、日本武尊(やまとたけるのみこと)、大鳥連祖神(おおとりのむらじのおやがみ)です。

日本武尊は西征して熊襲を平定し、東征して東国を平定しましたが、伊吹山で病に倒れ、
伊勢国能褒野で薨去します。遺体はその地に葬られたが、その陵墓から魂が白鳥となって飛んでいき、
最後に和泉国のこの地に舞い降りたので、社を建てて祀りました。
これが大鳥神社の始まりだと伝えられています。
大鳥大社
大阪府堺市西区鳳北町1-1-2


<一覧へ戻る>
地図
tel:0722-62-0040
参道
青く抜けた空がとても気持ちいい。
1時間前までは雪がぱらつく天気だったのだが。
境内の面積は、約15000坪。
御社殿の周囲には、社叢や神池が広がっている。
※一般参拝者は立ち入ることができないようだ。
御社殿の後ろに小さな祠があり、神石が祀られていた。
御社殿の隣にある祈祷殿
御社殿全景
大鳥造りの御本殿
しばし見惚れるほどの勇壮な佇まい。
玉垣に囲まれ直接確認することはできないが、出雲大社に似ているとのこと。
中門
拝殿(横から)と大鳥の御神紋。
拝殿
二の鳥居。正面に拝殿。
火鎮大神、宗像大神、稲荷大神、織姫大神を祀る社殿

摂社・大鳥美波比神社
御祭神は天照大神。相殿に菅原道真公。
参道正面に、大鳥美波比神社の社殿。
大鳥神社の社殿は左手にある。
神馬像
御祭神・日本武尊の像
巨躯の武神として語られる日本武尊だが、
この像の体型はかなり日本人的。
<一覧へ戻る>