清明神社(せいめいじんじゃ)

御祭神は、安倍晴明です。

晴明神社は晴明公の屋敷跡であり、天文陰陽博士として活躍していた拠点であった場所です。
晴明公が亡くなられた後、一条天皇は晴明公の遺業は非常に尊いものであったこと、
そして晴明公は稲荷大神の生まれ変わりであるということで寛弘4年(西暦1007年)、そのみたまを鎮めるために
晴明神社を創建されたと伝えられています。

晴明の邸は、東は堀川、西は黒門、北は元誓願寺、南は中立売の各通りに及ぶ広大なものでしたが、
その後たびらびの戦火によって衰えたものを、近年晴明九町組を中心とする崇敬者によって復興され、
年をおって現在の規模となりました。

清明神社
京都府京都市上京区晴明町堀川通一条上る806-1


<一覧へ戻る>
御本殿
<清明神社リンク>
地図
tel:075-441-6460
<一覧へ戻る>



1998年参拝時の清明神社
当時に比べ境内は広くなり、社殿の色も落ち着いた感じになった
清明井
末社:天満社、斎稲荷社、地主社
境内
参拝は、平日の早朝。人もなく落ち着いた雰囲気の境内
二ノ鳥居
参道に造られた、一条戻り橋のミニチュア。
「五芒星」の額と狛犬。かっこいい。
境内入り口の鳥居。
鳥居の額は「五芒星」。
一条戻橋
延喜十八年(918年) 文章博士、三善清行 (みよしきよつら) の葬列がこの橋を通ったとき、
比叡山の行者だった子の浄蔵が、橋の上で 柩にすがって 泣き悲しみ、神仏に熱誠をこめて祈願したところ、
蘇生したことから「戻り橋」となった