賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)

山城国一之宮
、旧官幣大社
御祭神は、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと・西殿)、玉依媛命(たまよりひめのみこと・東殿)です。

正式には「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」とよびます。京都は鴨川を中心に町づくりがなされており、鴨川の下流にまつられているお社というところから「下鴨(しもがも)神社」とよばれています。東西の二殿の本殿はともに国宝です。

賀茂建角身命は、古代の京都をひらかれた神さまです。山城の国一宮として京都の守護神としてまつられています。平安京が造営されるにあたって、まず当神社に成功のご祈願が行われました。以来、国民の平安をご祈願する神社と定められました。

山城国『風土記』などに、玉依媛命が鴨川で禊(みそぎ─身を清める儀式)をされているときに、上流より流れ来た丹塗の矢を拾われて床におかれたところ、矢は美しい男神になられ、結婚された。そしてお子をお生みになったとの神話が伝えられていますので、古くから縁結、子育ての神さまとして信仰されています。
賀茂御祖神社(下鴨神社)
京都府京都市左京区下鴨泉川町59


<一覧へ戻る>
供御所(くごしょ・重文)
供御所は(東の間)神饌を調理するところ
摂社・出雲井於神社
御祭神 建速須佐乃男命
印璽社(いんじしゃ・重文)
印鑑・契約守護の神さまとして篤い信仰がある
唐門(重文)
うま
中門(ちゅうもん・重文)
賀茂祭、遷宮、行幸等々のとき祀官の座となる。
新緑まぶしい参道。
参拝は2008年4月下旬。
<下鴨神社リンク>
地図
tel:075-781-0010‎
<一覧へ戻る>



末社:愛宕社、稲荷社
末社:印納社
末社:井上社
御祭神 瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)
神服殿(重文)
行幸の節に玉座となる殿舎
左より、三井神社、神服殿
摂社・三井神社(重文)
御祭神は、 中社:賀茂建角身命、 東社:伊賀古夜日売命、 西社:玉依日売命
式内社。『風土記』逸文「山城国」に、「蓼倉里三身社」とある社
御本殿眺望場所から楼門側を望む。
緑と朱に彩られた美しい光景。
西本殿・東本殿
西本殿・東本殿(国宝)
御祭神は、西本殿:賀茂建角身命、 東本殿:
幣殿(重文)および幣殿廻廊(重文)
桁行五間、梁間二間、入母屋造、中央軒唐破風、桧皮葺
言社の配置を示す掲示板
中門を入ると、弊殿の前に十二支を祀る「言社(干支社)」がある。(重文)
さる・たつ、 いぬ・とり、 とら・う
い・うし、 ね
ひつじ・み
舞殿(まいどの・重文)
賀茂祭(葵祭)のとき勅使が御祭文を奏上され東游が奉納される。
境内
右手前より、舞殿、中門、御本殿と並ぶ。
川にかかる太鼓橋
川の上に建てられた橋殿(はしどの・重文)
御蔭祭のとき、御神宝を奉安する御殿。
右に橋殿。その奥、写真中央に細殿(ほそどの・重文)
細殿は、歌会や茶会等が行われる殿舎とのこと。
境内
左に舞殿、正面奥に橋殿、右に楼門
楼門
楼門(重文)
寛永五年造替、三間一戸楼門、入母屋造、桧皮葺
連理の賢木(左)と相生社(右)
中央と右の木がつながっており、縁結びのシンボルとなっている
境内入り口の鳥居
参道の木々と御神木。
鳥居と社号標
この鳥居より約1kmの参道が続く