白岩丹生神社の鳥居と神門
和歌山市内から高速に乗り30分、有田川町の山中に鎮座。
参拝は2009年5月4日の早朝。
境内。正面に拝殿。
神門から境内を望む。
鬱蒼とした緑に包まれた幻想的な境内。
拝殿を斜めにさえぎる杉の木。
白岩丹生神社(しろいわにうじんじゃ)

御祭神は、罔象女神(みずはめのかみ・水神)です。
天照大神、豊受大神、宇伽魂神、保食神、大国主神、大物主神が配祀されています。

創祀年代は不詳。
かつて「白岩山」の東側の白岩川付近に鎮座していたと伝えられ、明応5年(1496年)、
鳥屋城城主・畠山刀千代丸によって現在地に遷座されたようです。
白岩丹生神社
和歌山県有田郡有田川町小川2628


<一覧へ戻る>
狛犬。吽形(左)は細い釣り眼をしている。珍しい。
白岩丹生神社の森
注連縄が張られたその姿は、人を寄せ付けぬ神域といった趣き。
なかなかすごい場所だった。
境内
御本殿の向かって右に鎮座する「埴山姫神社」
御祭神:埴山姫神。
御本殿の向かって左に鎮座する「稲荷神社(左)」と
「穉産霊神社(右)」
稲荷神社の御祭神:保食神・豊受大神。
穉産霊神社の御祭神:穉産霊神。
御本殿の向かって左奥に鎮座する「金刀比羅神社」
御祭神:大物主神。
御本殿。右に埴山姫神社。
御本殿(国指定重文)
御祭神は、罔象女神。
永禄3年(1560年)の建立。
丹色の透塀。奥に御本殿。
<一覧へ戻る>



地図