多賀大社(たがたいしゃ)

旧官幣大社
御祭神は、伊邪那岐大神、伊邪那美大神です。

多賀大社が文献にみえるのは、和銅5年(712年)に撰上された“古事記”で、
「伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐す」とあります。

社伝によると、神代の昔、伊邪那岐大神は本社東方の杉坂山に降臨され、
麓の栗栖(くるす)の里でお休みの後、多賀にお鎮まりになったと伝えています。

「お伊勢まいらば お多賀へまいれ お伊勢お多賀の 子でござる」のうたが有名。
伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)は天照大御神の親神であり、
我が国の国土を始め八百万(やおよろず)の神々をお生みなされた神様であります。
多賀大社
滋賀県犬上郡多賀町多賀604


<一覧へ戻る>
夷神社(えびすじんじゃ)
子安神社
神明両宮
<多賀大社リンク>
地図
tel:0749-48-1101
<一覧へ戻る>



多賀大社境内図
御本殿裏の神の森。御神域
稲荷神社の奥を流れる清流
金咲稲荷神社
聖神社、三宮神社
熊野新宮、天神神社、熊野神社
竈神社、年神神社
能舞殿
右より、神楽殿、幣殿、御本殿の屋根
拝殿・神楽殿につながる左右の翼廊
拝殿と空
拝殿・神楽殿
清々しい気で満ちている境内。
大きくおおらかで実に気持ちがいい。
雨上がりの午後でもこれだけの気、快晴の早朝ならどれだけ凄いのだろう
御神門より境内を臨む
正面に拝殿
御神門
太閤橋を渡り、左手に祀られている
天満神社
太閤橋を渡り、右手に祀られている
秋葉神社(左)、愛宕神社(右)
いずれも御祭神は、火産霊神
太閤橋
自由に渡ることができるが、ちょっと怖い
大鳥居と狛犬
9月上旬の午後に参拝。雨上がりの空だった