一ノ鳥居
建部大社(たけべたいしゃ)は、大津市の住宅地に鎮座。
参拝は9月上旬の朝
建部大社(たけべたいしゃ)

近江国一之宮、旧官幣大社
御祭神は、主祭神として日本武尊、相殿に天明玉命、権殿に大己貴命をお祀りしています。

116年(景行天皇46年)に神崎郡建部郷(現在の東近江市五個荘付近)に、
景行天皇の皇子である日本武尊を建部大神として祀ったのが始まりとされ、
675年(天武天皇4年)に現在地へ移転したと伝えられています。

古くから歴代朝廷の尊信が驚く、また武将たちの崇敬も深く集めました。
建部大社
滋賀県大津市神領1-16-1


<一覧へ戻る>
地図
tel:077-545-0038
鳥居と参道
<一覧へ戻る>



桧山神社遥拝所
大野神社
境内庭園より拝殿を臨む。
庭園側には4つの境内社が祀られている
御社殿右の摂社・末社

右より、末社・箭取神社 (石占横立 田子稻置 乳近稻置)
末社・弓取神社 (弟彦公)
摂社・若宮神社 (稻依別命)
摂社・藤宮神社 (布多遲比賣命)
御社殿左の摂社・末社

左より、末社・蔵人頭神社 (七掬脛命,料理の祖神)
末社・行事神社 (吉備臣武彦 大伴連武日)
摂社・大政所神社 (播摩稻日太郎媛)
摂社・聖宮神社 (大足彦忍代別命)
権殿
御祭神は大己貴命
御本殿
御祭神は日本武尊、相殿に天明玉命
拝殿と狛犬
神門から境内を臨む。
正面に拝殿
神門
武富稲荷神社
八住神社
御社殿全景
右手より、拝殿、幣殿、御本殿