手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)

東大寺大仏殿前の道を東に行った正面、三月堂(法華堂)の近くに鎮座。

天平勝宝元年(749)東大寺大仏建立のため、九州豊前国(大分県)宇佐八幡宮より
東大寺守護の神として勧請されました。
御祭神は、応神天皇、姫大神、仲哀天皇、神功皇后、仁徳天皇です。

手向山八幡宮
奈良県奈良市雑司町434


<一覧へ戻る>
地図
東大寺の右手に立つ、朱の大鳥居。
東大寺の喧騒が嘘のように静かな参道が続く。
※この先には二月堂や三月堂もあるのだが・・・
<一覧へ戻る>



南の鳥居
境内社
住吉社本殿(重文)
創建は鎌倉時代と伝えられている
御本殿
御祭神は、応神天皇、姫大神、仲哀天皇、神功皇后。
若宮殿には仁徳天皇がお祀りされている。

拝殿
神門と拝殿
神門より拝殿を臨む
手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)の神門
参拝は10月下旬。ほのかに色づいた楓の色が美しい
常緑樹に覆われた静かな参道
とても清々しい