丹生川上神社・中社(にうかわかみじんじゃ・ちゅうしゃ)

旧官幣大社
御祭神は、罔象女神です。
配祀として、伊邪奈岐命、伊邪奈美命、八意思兼命、大日霊貴命、与田別命、菅原道真、
綿津見大神、開化天皇、上筒男神、大国主大神、事代主大神をお祀りしています。

丹生川上神社(にうかわかみじんじゃ)は本来一社である筈でしたが、
現在、三つの神社が丹生川上神社を名乗っており、それぞれ、上社、中社、下社と呼ばれています。
※3社とも主祭神は水神で、大正時代に祭神の変更があり、現在の祭神となりました。

天武天皇の時代の白鳳4年(676年)、「人声聞えざる深山に宮柱を立て祭祀せば、
天下のために甘雨を降らし霖雨を止めむ」との神託により、
丹生川の川上に雨水の神を祀ったのに始まると伝られています。
丹生川上神社・中社
奈良県吉野郡東吉野村小968


<一覧へ戻る>
<一覧へ戻る>



奈良市からかなり距離はあるものの、
ぜひ参拝して欲しい神社だと思う。
今回参拝できたご縁に感謝。
丹生神社・別角度から
境外摂社:丹生神社(重文)
圧倒される神厳さ。
光の粒子が舞っている。
神橋からの眺望(川下側)
神橋からの眺望(川上側)
すごい
境内を出て1分ほど歩くと、神橋がある。
本社と摂社・丹生神社を結ぶために作られたという。
境内の楓
ご神木の大杉
木霊神社
御祭神は五十猛命(いたけるのみこと)
相生の杉
社殿の千木
主祭神である罔象女神、配祀されている伊邪奈岐命、
伊邪奈美命をお祀りする御本殿(奥)と
菅原道真、綿津見大神、開化天皇、上筒男神、大国主大神、
事代主大神をお祀りする社殿(手前)。
※宮司さんからご説明をいただく。
御本殿
拝殿と御本殿をつなぐ階段
拝殿内の御本殿拝所
拝殿
背後の杜と空が何ともいえず美しい
鳥居と社号標
神社のすぐ前を流れる高見川
せせらぎが実に心地よい。
豊かな緑、整った空気、
本当に清々しい境内だった。
御社殿全景
御本殿の右手には、八意思兼命、大日霊貴命、与田別命を
お祀りする社殿がある。
tel:0746-42-0032
地図