丹生川上神社・下社(にふかわかみじんじゃ・しもしゃ)

旧官幣大社
御祭神は、闇龗神(くらおかみのかみ)です。

丹生川上神社(にふかわかみじんじゃ)は本来一社である筈でしたが、
現在、三つの神社が丹生川上神社を名乗っており、
それぞれ、上社中社、下社と呼ばれています。
※3社とも主祭神は水神で、大正時代に祭神の変更があり、現在の祭神となりました。

天武天皇の時代の白鳳4年(676年)、「人声聞えざる深山に宮柱を立て祭祀せば、
天下のために甘雨を降らし霖雨を止めむ」との神託により、
丹生川の川上に雨水の神を祀ったのに始まると伝られています。
丹生川上神社・下社
奈良県吉野郡下市町大字長谷1-1


<一覧へ戻る>
<一覧へ戻る>



丹生川上神社・下社正面の山
参拝は11月初旬。
木の葉が少しずつ色づきはじめている。
ご神木・ケヤキ
拝殿の左手に、堂々の存在感をもって立っていた。
牛石(左)と蛙石(右)
産霊石(むすびいし)
拝殿正面から、山上へとのびる廻廊を臨む。
いったい何があったのだろう・・・
廻廊の上には御本殿
驚きの光景
拝殿後ろの廻廊。
山の斜面に沿って上へと伸びている。
拝殿
拝殿正面
境内。正面に拝殿
鳥居
吉野山系の西側。丹生川沿いに鎮座
丹生川上神社・下社の前を流れる丹生川
水の色はなんと乳白色。
tel:0747-58-0823
地図