談山神社(たんざんじんじゃ)

旧別格官幣社
御祭神は、藤原鎌足公です。

中臣鎌子(後の藤原鎌足公)と中大兄皇子(後の天智天皇)は、西暦645年、
多武峰(とうのみね)の山中に登って、「大化改新」の談合を行いました。
後にこの山を「談い山」「談所ヶ森」と呼び、談山神社(たんざんじんじゃ)の社号の起こりとなりました。

鎌足公の没後、長男の定慧和尚は、留学中の唐より帰国、父の由縁深い多武峰に墓を移し、
十三重塔を建立しました。大宝元年(701)には神殿が創建され、御神像をお祭りして今日に至ります。
談山神社
奈良県桜井市大字多武峰319


<一覧へ戻る>
社号標と徒歩入山者の門
※ここから境内までは、徒歩で1時間ほど
左より、稲荷神社、比叡神社(重文)、
山神神社、杉山神社、神明神社
<談山神社リンク>
地図
tel:0744-49-0001
境内近くからの眺望
談山を見上げる眺望
右に神廟拝所、中央に十三重塔、右の権殿は工事中。
総社本殿から見る大杉
総社本殿(重文)
総社拝殿(重文)
十三重塔
色づいた木々が美しい。
観音堂(左)附近
三天稲荷神社
三天稲荷神社への参道
東殿
東宝庫
拝殿外観
御本殿は右手奥に位置する。
御本殿
拝殿からの眺望
拝殿(重文)
楼門(重文)
参道の階段
鳥居
参拝するためには、なんと500円の拝観料を
払わなければならない。
※神社の参拝で拝観料を払った記憶がないので驚き。
<一覧へ戻る>