鞆淵八幡神社(ともぶちはちまんじんじゃ)

御祭神は、応神天皇。
仲哀天皇、仁徳天皇、姫大神、武内宿禰、千代鶴姫が配祀されています。

竜門山の谷間の「鞆淵応神山」に鎮座しています。
もとは友渕荘16ヶ村の産土神でしたが、帝の寵愛をうけた鶴千代姫が安貞2年(1228)帰郷のさい、
石清水八幡宮の別宮として勧請したと伝えられています。
鞆淵八幡神社
和歌山県紀の川市中鞆淵58


<一覧へ戻る>
<一覧へ戻る>



御本殿より空を望む。
境内に咲く花。左はつつじ。
高良神社の隣に鎮座する、
戎神社(左)、剱御前神社(右)
若宮神社
高良神社
御本殿
背後の森の雰囲気が素晴らしい。
三棟並ぶ社殿。
中央に御本殿、向かって左に高良神社、向かって右に若宮神社。
拝殿
大日堂
建立は室町時代。重文。
神輿庫
中には国宝の神輿が置かれている。
境内。
正面に拝殿。右に大日堂。
参道と鳥居。
鞆淵八幡神社は、高野山からの帰路に立ち寄った神社。
高野山からは車で約30分ほどかかった。
参拝は2009年5月4日。
参道の杉並木。なかなかの迫力。

tel:0736-79-0198
地図