和歌浦天満宮(わかのうらてんまんぐう)

御祭神は、菅原道真公です。

菅原道真公は、大宰府に赴任する際、海上の風波を避けるために「和歌浦」の地に立ち寄り、
神社が鎮座する「天神山」から浦を望み、
「老を積む身は浮き船に誘はれて遠ざかり行く和歌の浦波」
「見ざりつる古しべまでも悔しきは和歌吹上の浦の曙」
の2首の歌を詠んだと伝えられています。

和歌浦天満宮は、第62代・村上天皇の御代に、参議であった「橋直幹」が道真公を追慕し、
この地に祠を立てたことが創祀とされています。
和歌浦天満宮
和歌山県和歌山市和歌浦西2-1-24


<一覧へ戻る>
境内全景
社殿の向かって右奥には多くの境内社が鎮座する。
和歌浦天満宮の鳥居
「紀ノ川」の河口。和歌浦湾に望む小高い「天神山」の中腹に鎮座。
※隣接する「雑賀山」の中腹には、紀州東照宮が鎮座している。
<和歌浦天満宮リンク>
地図
tel:073-444-4769
<一覧へ戻る>



楼門より望む「和歌浦」の港と町並み。
楼門と廻廊
白鳥神社
住吉神社
境内末社
中央に菩提樹
周囲には多くの末社が鎮座。
末社・天照皇太神宮・豊受大神宮本殿(重文)
末社・多賀神社本殿(重文)
末社・多賀神社本殿
末社・天照皇太神宮・豊受大神宮本殿
建立は1604年で重要文化財に指定されている。

御本殿
背後には天神山の森が広がる。
御本殿
慶長11年(1606年)の建立。
紀伊藩主・浅野幸長により再興。入母屋造り、檜皮葺き。
楼門
慶長10年(1605年)の建立。入母屋造り。
参道の石段。かなり急。
参道の石段。階上に楼門。
背後には「天神山」。なかなかの絶景。
境内
正面に唐門と御本殿。
※拝殿はなく、社殿として御本殿のみが配れている。